内分泌内科

診療内容

  1. ホーム
  2. 診療内容
  3. 内分泌内科

内分泌内科では、視床下部、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎といったさまざまな内分泌腺から分泌される「ホルモン」の異常によって起こる病気の診断と治療を行います。採血検査や超音波による診断を行います。

代表的な内分泌臓器と疾患例

内分泌疾患は最近注目されはじめた疾患群です。

生体の代謝の恒常性を保つために様々なホルモンを分泌している内分泌臓器が、何らかの原因によりホルモンのバランスを崩すことで、様々な症状を引き起こします。

内分泌疾患の中でも最も多いのは甲状腺疾患と言われています。

 

主な内分泌臓器と疾患例には下記のようなものがあります。(一例)

 

内分泌臓器 疾患例
脳視床下部・下垂体 低身長症、先端巨大症、乳汁漏出症 など
甲状腺 バセドウ病、甲状腺機能低下症 など
副甲状腺 高カルシウム血症、骨粗しょう症 など
膵臓 糖尿病 など
副腎 高血圧症、低血圧症 など
卵巣・精巣 インポテンツ、無月経、不妊 など
心臓 心不全 など
肝臓 糖代謝異常 など
腎臓 貧血 など

 

当院では、超音波(エコー)による甲状腺腫の発見から甲状腺ホルモンのコントロールから甲状腺腫瘍の発見まで対応できます。

主なホルモンとその役割

私たちの体が、外気温に左右されることなく体温を一定に保てている理由は、体内を一定の状態に保つホメオスタシス(恒常性)が正常に維持できていることによります。そして、維持ができる要因のひとつが、ホルモンです。体内に異常をきたすとホルモン分泌が働き、元の状態に戻そうとします。様々なホルモンのバランスによって健康を保つことができる、重要な役割となっています。

 

内分泌臓器 ホルモンの種類 作用
下垂体前葉 成長ホルモン、プロラクチン 成長促進、白同化、糖・脂質代謝調節、乳汁分泌
下垂体後葉 抗利尿ホルモン 尿濃縮作用、血管収縮作用
甲状腺 甲状腺ホルモン 全身の細胞に働いてエネルギー代謝や成長発育を促進
副甲状腺 副甲状腺ホルモン 血中カルシウム濃度を恒常的に維持
副腎皮質 コルチゾール、アルドステロン、DHEAS 糖・脂質・蛋白代謝、抗炎症・抗アレルギー作用
副腎髄質 アドレナリン、ノルアドレナリン 血圧上昇作用、心臓賦活作用、糖・脂質代謝
卵巣 エストロゲン、プロゲステロン 月経発来、動脈硬化抑制、骨吸収抑制、女性的性格形成
精巣 テストステロン 生殖器官の成長、男性化、男性的性格形成