皮膚科

診療内容

  1. ホーム
  2. 診療内容
  3. 皮膚科

皮膚は人間の体全体を包んでいる層のことをいいます。その重要性はあまり感じる機会がないかもしれませんが、内臓、骨、筋肉、血管などを包む重要な臓器です。また、体のあらゆる病気が皮膚に変化をもたらすことが多く、健康のバロメーターともいえます。

皮膚科の診療

頭皮、顔、体、手足、耳や鼻、口の中まで、広範囲にわたり、目で見える部分が皮膚科の診察範囲となります。肌が赤くなった、かゆい、できものができた、などの症状が主な症状です。

また、皮膚以外にも、爪や毛髭などの疾患も皮膚科で受診する対象となります。爪の変色・変形や痛み、さらには抜け毛などについても、お気軽にご相談ください。

皮膚科と美容皮膚科の違い

皮膚科と美容皮膚科の違いをよく聞かれることがあります。

例えばニキビを例に挙げますと、皮膚科では、毛穴の詰まりに効果的で、にきびをできにくくする薬に加え、アクネ菌や炎症に有効な抗生物質の飲み薬や塗り薬を処方することで、ニキビ自体を治す治療となります。一方美容皮膚科では、ニキビを治したあとに残るニキビ跡に対してもケアをし、レーザー照射やケミカルピーリングによって肌を美しく戻すところまでを行います。

皮膚科の治療方針

外用剤(軟膏、クリーム、液剤、貼付剤)による基本的な治療から、できものやいぼを切除するための冷凍凝固手術、麻酔をした上で切り取る手術、紫外線を当てる治療など、様々です。慢性的で完治までの期間が長くなる疾病が多いため、血液検査やパッチテスト、病理組織検査等行うことで悪化要因を調べ、「症状を改善し、コントロールする」ような加療を行っています。

 

また、先述のとおり、皮膚は内臓を覆う構造のため表面的な疾患に見えてしまいますが、実は内臓の病気や全身の異変から現れることも少なくありません。

「このくらいなら少し経てば治る」という自己判断ではなく、早めの受診で早期完治を目指しましょう。