にきび

皮膚科 / 診療内容

  1. ホーム
  2. 診療内容
  3. 皮膚科
  4. にきび

10代から20歳代に多く見られるニキビ。熱や嘔吐などの症状は出ませんが、思春期とかぶるために学校でのいじめをはじめ、心理的・精神的に大きな影響をもたらすことがあります。早期治療を開始し、改善できるよう根気よく治療を続けてください。

ニキビができる仕組み

多くの人がニキビになったことがある、または、何度もできたことがあるかと思います。「すぐ治るデキモノ」と思っているそのニキビは、医学的には「尋常性ざ瘡」と呼ばれる病気です。

では、ニキビはどのようにできるのでしょうか。

 

ニキビができる仕組み

  • 思春期になると男性ホルモンの影響により皮脂の分泌が増します
  • 毛穴の出口で皮膚の異常が起き、毛穴が詰まります
  • 皮脂が毛穴にたまることで、面ぼう(ブツブツ)ができます
  • 皮脂が詰まった毛穴にアクネ菌が増殖します
  • アクネ菌によって毛穴の周りが赤く腫れるなどの炎症を起こします
  • 炎症がひどくなり、毛包の組織が破壊されます
  • ニキビ痕が残ります

 

気になるからといって触ったりつぶしたりすると、悪化させたりニキビ痕を残すことになりかねません。

ニキビの種類

  • 毛穴が狭くなる

    「微小面ぽう」といいます。毛穴が狭くなり、皮脂が増加することで毛穴に皮脂が詰まり「角栓」とよばれる状態になっていることをいいます。この微小面ぽうは、肉眼で確認することができません。

  • 毛穴が詰まる

    白ニキビや黒ニキビなどの面ぽうをいいます。
    白ニキビは、毛穴に角質が白く詰まった状態で、化膿も炎症もおきていない状態なので痛みを伴わず、すぐに治ることもあります。栄養バランスや生理周期によって出てくることもあります。
    黒ニキビは、毛穴に詰まった古い皮脂や角質が酸化して黒くなったものをいいます。毛穴の汚れと思うかもしれませんが、こちらもニキビの一種で「非炎症性皮疹」と呼ばれる状態です。

  • 炎症がおこり、化膿、炎症が広がる

    炎症をともなって赤く腫れり、化膿して膿をもった状態です。赤ニキビ、黄ニキビなどとも呼ばれます。一度できてしまうと治りにくく、多くの赤ニキビがいくつも集まって出てくるケースもよくあります。
    炎症が悪化したり長引いたりすると、クレーターのような状態になり、傷跡として長く残る可能性もあります。

原因と予防

ニキビの原因は、アクネ菌の繁殖によるものです。菌といっても他の病原菌とは違い、人体に悪影響を及ぼす菌ではありません。常在菌という、常に皮膚や毛包内に存在する菌で、皮膚を弱い酸性にすることで他の病原菌の繁殖を抑えてくれる役割も果たしています。ただアクネ菌は毛包内のような「酸素が少なく皮脂が豊富なところ」で繁殖しやすい性質があり、増殖することでニキビの進行を促します。

 

では、ニキビを予防するにはどういうケアをすれば良いのでしょうか。

女性の場合でいえば、まず、お化粧(特に油分を多く含むファンデーション)によって毛穴がふさがりますので、アクネ菌は繁殖しやすくなります。お化粧を落とせる状況になったら早めにしっかり洗い落としすようにしましょう。同時に、汗による汚れや、空気の乾燥による影響もニキビを悪化させる要因となりますので、汗を拭きとる、保湿を十分に行う、などのケアが必要となります。

 

その他、不規則な生活による睡眠不足や食事、ストレスなども良くありません。生活リズムを整え、バランスの良い食事を摂るように心がけてください。

主なニキビ薬

皮膚科で処方されるお薬、市販されているお薬と、特徴の違うものが多種多様にあり迷ってしまうと思います。ポイントとしては、症状に合せることはもちろんのこと、肌タイプに適しているかも合わせてお医者さんに相談したり、薬選びをすることをおすすめします。

外用薬

●抗生物質などの殺菌系
アクネ菌を抑える効果のある抗生物質など、殺菌成分が入った塗り薬です。ニキビの炎症を引き起こしている原因菌であるアクネ菌に効くので、炎症を起こしている赤ニキビに即効性があります。一方、炎症を起こしていない白ニキビや黒ニキビには効果を発揮しません。
デメリットとしては、アクネ菌だけでなく、肌に常在する善い菌も殺してしまうため、肌荒れを起こすことがあります。また、抗生物質は長く使うと耐性菌ができてしまい、効かなくなってしまいます。そのため症状が強く出ているときにピンポイントで使うことが大切です。
皮膚科で処方してもらうものと、薬局で買える市販薬とがあります。

 

●抗炎症系
炎症がひどいとき、抗炎症作用のある成分が含まれていると、赤みや腫れを抑えてくれます。赤ニキビが多くできているときには、殺菌成分に加えて抗炎症成分も含まれているものを選ぶと良いでしょう。ただし、これも炎症を起こしていない白ニキビや黒ニキビには効果のない成分です。

 

●硫黄系
角質を柔らかくする効果と殺菌効果を併せ持つ硫黄製剤は、ニキビの重症度に関わらず、おだやかに効果を発揮します。副作用も少なく、薬局で買える市販薬は多くがこのタイプ。デメリットとしては肌を乾燥させる作用があるため、乾燥肌のニキビには適さないことを覚えておきましょう。

内服薬

●抗生物質系

抗菌作用・抗炎症作用のある内服薬です。体内からアクネ菌に対抗し、炎症を起こしたニキビに効果が出ます。

塗り薬と同じく、体内の善玉菌まで殺傷してしまうため、長期使用になると耐性菌ができてしまいます。また、副作用として、めまいなどの症状が現れることもあります。

基本的には市販薬としての扱いがないため医師による処方となります。

 

●漢方・生薬系

東洋医学は、膨大な経験則を蓄積することで発展した医学です。慢性疾患の緩和などでは西洋医学より効果をもたらすこともあるそう。炎症を緩和したり、ホルモンバランスを整えるなど、漢方薬によって効能に違いがあります。
市販薬もあるので、薬が肌に合わなかったり、ニキビが繰り返しできる状態を改善したいという人には特にオススメの薬です。

 

●ビタミン剤

不足するとニキビや肌荒れを引き起こすといわれるビタミンB2やB6、ビタミンCを配合したビタミン製剤は、手軽に薬局やコンビニで手に入れることができます。ただし、これらは目に見えて即効性があるものではありません。今あるニキビにすぐ効くというよりは、ニキビができにくい体の土台づくりと考えておきましょう。