AGA(男性型脱毛症)

皮膚科 / 診療内容

  1. ホーム
  2. 診療内容
  3. 皮膚科
  4. AGA(男性型脱毛症)

髪の毛がよく抜ける、薄くなってきた気がする、という悩みは、見た目の変化にとどまらず、精神的にもつらいもの。また、気にすれば気にするほど悩みは膨らみ、人と接することも嫌でたまらない、という人も多いのではないでしょうか。

遺伝とも生活習慣の影響ともいわれている抜け毛ですが、改めてその仕組みを知り、相談する選択肢があることも知ってもらえたらと思います。

また、ほつかクリニックでは遠隔診療によるAGA診療も受け付けておりますので、ご利用ください。

 

遠隔診療のご予約はこちら

原因と治療

最近はテレビCMからもよく聞かれるようになったAGA。昔からの言葉では”ハゲ”になるのでしょうか。誰もが知る症状・現象で、大きな悩みを抱えている人も少なくありません。なぜ起きてしまうのか、止めることはできないのか。最も基本的な原因について知ることで、治療に専念できたり、周りで悩んでいる人にも寄り添うことができるかもしれません。

DHT(ジヒドロテストステロン)

「Androgenetic Alopecia」を略してAGAといい、正式には「男性型脱毛症」です。病名からもわかるように、男性特有の病気で、原因もまた、男性ホルモンが影響しています。

 

AGAの症状となった脱毛部には、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度に見られ、これが原因となることがわかっています。DHTが髪の毛の成長期を短くしてしまうことで、毛髪が太く長く育つよりも前に抜け落ちているのです。

 

実は元々DHTは、髪の毛にも無害な「テストステロン」という男性ホルモンなのですが、加齢などによって減少していきます。そのホルモンの減少をカバーするために「5-αリダクターゼ」という酵素が働き始め、テストステロンをDHTに変化させていきます。この変化の時が、強い脱毛作用が起きている時なのです。

遺伝

テストステロンの減少をカバーするために働く酵素が「5-αリダクターゼ」と説明しましたが、この酵素を体質として、元々多く持っている方がいらっしゃいます。これはいわゆる「遺伝」的な要素が強く、家族や親族の男性に薄毛の方が多い場合は、「5-αリダクターゼ」が多い家系と考えて良いでしょう。

おじいちゃんもお父さんもハゲているから・・・という話も「遺伝」として説明がつきます。

 

また、DHTは毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)を通して取り込まれ、毛髪の成長リズムを乱すことでAGAの原因となります。このアンドロゲンレセプターの感受性の高さも遺伝であることがわかっています。

現在はアンドロゲンレセプターの感受性を調べる遺伝子検査もあり、当院でも受けることができます。まだAGAが進行していなくても、遺伝が心配な方は一度、ご相談ください。

 

診療のご予約はこちら

生活習慣

遺伝的要素がなかったとしても、生活習慣悪化によってAGAを発症する可能性は誰にでもあります。

 

  • 脂質や糖質の多い食生活
  • 過度の飲酒・喫煙
  • ストレス過多

 

このような生活習慣の男性は、要注意です。

脂質の多い食事や喫煙は、頭皮のよぶんな皮脂を増やしたり、血流を悪化させたりして、健康な髪に必要な栄養素を頭皮や毛母細胞まで届けることを難しくします。また、アルコールの摂り過ぎも、髪の毛が成長するための栄養素を壊してしまいます。

タンパク質やビタミン類、亜鉛などを意識しつつ何でもバランス良く食べて、できるだけストレスフリーの生活を送ることも、AGA予防や改善のためには重要なんですね。

AGAの特徴

AGAなのか他の脱毛なのかを見分けるためにも、AGAに特徴的な症状を確認しておきましょう。

 

  • 思春期以降に発症する
  • 額か頭頂部のいずれか若しくは両方から抜け毛が始まる
  • 徐々に進行していく
  • 1日100本以上の抜け毛がある

 

AGAには、このような特徴が見られます。AGA発症は男性ホルモンの分泌が活発になる思春期以降の男性にのみ起こるというのが、大原則です。

セルフチェック

ご自分でもチェックすることが可能です。お医者sさんへ相談する前に一度、下記の項目にあうかどうかをご確認ください。

  • 以前に比べて抜け毛が増えた
  • 父母や祖父母に薄毛の人がいる
  • 産毛や細い毛が増えた

治療方法

AGAの治療法には、以下のようなものがあります。

 

 

治療法 内容
育毛剤 ミノキシジルなど有効成分が入った育毛剤を自宅で使用
低出力レーザー治療 ・専門外来で頭皮にレーザーを当てて行う
・レーザーにより頭皮の血行改善や細胞の活性化を図る
メソセラピー ・有効成分を頭皮に直接注射する
・抜け毛予防や育毛効果がある
ハーグ治療 ・メソセラピーと同様の方法で行う
・メソセラピーの効果に加え、発毛効果もある
植毛 自毛や人工毛を頭皮に移植する

 

 

ごく簡単にまとめると、こんな感じです。AGA進行度やタイプなどによって、ハーグ治療と育毛薬など、2種類の治療法を組み合わせることもあります。

他にも、新しい治療法として話題のプラセンタ治療についても記事もあります。興味のある方はぜひ覗いてみてください!

進行の段階と種類

  • 第一段階(Ⅰ)

    生え際に薄毛が進行し、額の面積が広がってきます。見た目に問題がないためAGAが始まっていると気付かない方が多い初期ステージになります。

  • 第二段階(Ⅱ、Ⅱa、Ⅱvertex)

    生え際の進行に加え、髪全体のボリュームの減りも目立ち始めます。
    併せて、頭頂部に薄毛が進行する方(O型)、額の進行が激しい方(M型)で見栄えも分

  • 第三段階(Ⅲ、Ⅲa、Ⅲvertex)

    前頭部の進行と頭頂部の進行が少しずつつながってきます。前頭部に早い進行が見られるM型の方も、頭頂部に薄毛が見られるようになります。第三段階では明らかにAGAであると診断しやすい特徴が表れています。

  • 第四段階(Ⅳ、Ⅳa)

    生え際・頭頂部ともに頭皮が見える面積が広がっています。治療をお考えの方は、第四段階までに開始すると結果が出やすいといわれています。

  • 第五段階(Ⅴ、Ⅴa)

    前頭部の進行と頭頂部の進行が完全につながってしまいます。全体の1/3ほど頭皮が見える程の状態で、薄毛・発毛治療の結果が出にくくなってくるステージです。

  • 第六段階(Ⅵ)・第七段階(Ⅶ)

    M型O型の区別がつかないくらい、薄毛の部分が広がります。ここまで進行してしまうと、増毛施術を選ぶ方が多くなります。